S to U blog

MENU

【読書】「新しい郊外」の家/馬場正尊



今では、すっかり有名(一般に浸透?)になった

東京R不動産」の仕掛け人である馬場正尊さんの本です。

この本が出版されたのは2009年。

もう7年前の話で少し古いですが、サラッと読める、なかなか面白い本でした。

特に、これから住宅購入を検討している人はおすすめ。

実際に馬場さん本人が、バリバリに東京で働いている状況の中で、

東京と房総の2箇所に住居拠点を持つことを決意し、

東京の賃貸マンションと房総の戸建住宅にて生活する実験的な試みや、

房総に土地を購入し、家を建てるまで経緯(銀行とのやり取りから、見積書まで)

リアルに生々しく書かれています。

都心に中途半端な広さの家賃20万円の物件を借りるんやったら

都心にちょっと小さめの10万円のコンパクトなマンションと

海辺の郊外に月々10万円ローン程度の一軒家を持つと言う考え方もありではないかと

体を張って証明した体験談でした。

最近の房総の馬場家がどうなっているのか検索してみると

なんと宿泊施設として開放しているみたいです。

↓↓↓↓足跡代わりにクリックしてもらえると助かります↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【読書】知らないと損するお金の学校/池上彰

お金の勉強がしたいと思い、池上彰のお金の学校 をポチッと購入。

池上さんの本はいくつか読んだ事があるけど、読みやすくていい。

お金のしくみについてあらゆる視点でわかりやすく解説されていました。

最近で言うと日銀の黒田総裁が「マイナス金利」やで〜どやさ〜っ

というニュースがあったと思いますが、「金利」といっても「長期金利」と「短期金利」があるとか…

「お金」について知ってるようで良くわかってない事がいくつかありました。

ニュースで流れる「お金」の話ぐらい敏感について行けるようになりたいと思いました。

読んでよかったです。



↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

【読書】親の品格/坂東眞理子

2年前くらいに近所のブックオフで購入したまま本棚に眠っていた「親の品格」を読みました。

子育て的な内容や、親(人)としてどうあるべきかという内容などなど。

一般的・常識的な内容も多く、ある部分では著者の偏った意見もあり

アマゾンのレビューでは批判的なものも多いようですが、

個人的には、もうすぐ3歳になる娘がいる中で

子育てについて再考する機会を得る事ができ、読んでよかったと思いました。


あたりまえの事を あたりまえにするのは意外と難しいもの。

あたりまえの事を あたりまえの事として子供の教えるのはさらに難しいこと。

親(私)の考えるあたり前は 本当に世間的なあたり前と合致しているのだろうか。

凡事徹底。

あたり前がわかっているからこそのイレギュラーな作戦がある。

最終的には100人いれば100通りの子育てがあるものと思うので

これを基準にして、「自分流」を見つめ直すには 読んで損は無い一冊かなと思いました。




↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

【読書】お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること(続き)



全て読み終わりました。

以前の記事はこちら


自己投資する。学ぶ。行動を起こす。

インプットしたことはアウトプットする。

アウトプットする事で、自分の力になる。

それが他人の役に立つ事であれば、堂々とそれに対価を求めること。


シンプルで当たり前の事かも知れませんが難しい事。

いや、そんなに難しい事ではないでと

第一歩を進めることができるように背中を押してくれる本かなと思います。


本を読んでブログを書く。

ブログを書く事もアウトプット。

もうちょっと頑張ってブログ更新を続けて行こうと思います。

↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

【読書】お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること/田口智隆



成功する人の習慣に興味があります。
まだ1/3程しか読み進めていませんが、

・月収の5%のお金を自己投資に使うこと
・自己投資して学んだ事は即実践すること
・実践して投資分を回収すること
・回収するイメージを持って勉強すること

お金と時間を捻出しもうちょっと頑張る必要があるということ。
最近、自分の中で押している「もうちょっと論」に通ずるところがあるなと思いながら読んでいます。

↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。