S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東寺 弘法市

20070122045857.jpg

京都駅からたらたら歩いて15分。
東寺(教王護国寺)へいった。
毎月21日には弘法市(弘法さん)

いろんなものもんが売りすぎてて、
ツッコミどころ満載で、
ツッコミ疲れる。
で、漬け物(300¥)と、耳かき(1200¥)購入。
この耳かき屋の玉三郎という店がいい。

耳かき好きの自分としては見逃すことはできなかった。
いや、見逃すはずがなかった。

耳かきについて熱いトークを
店のおねいさんと語る(15~20分)
「あなたの耳かきスタイルは間違っている」とご指導、ご指摘をいただいた。プライスレス。

「お前はもう、死んでいる」と言われたぐらい
気絶寸前のショック受けましたが
自分の耳かきライフスタイルを
見つめ直そうと心に決めました。

耳かきは力ではなく回数が重要らしいです。
いつでもどこでも何度でも。

ちなみ店に置いてあるのはまだ未完成品で、手に一番フィットするの選んだら、

次は実践でかきごごちを確認し、

耳に合わせてもうちょっと小さくしてだとか、もうちょっと丸くしてだとか

わまがまま言いながらその場で店のおじいちゃんが、

ヤスリとイノシシのキバで完璧に仕上げてくれます。

おすすめ。

スポンサーサイト

千年女優/今敏

千年女優がおもしろかった。

「千年かけても逢いたい人がいます」

30年前に銀幕界から姿を消した大女優の話、思い出。


映画俳優としての「虚構の世界」のエピソード

初恋の思い出での「現実の世界」のエピソード

その間を行ったり来たりしながら、

時間も空間もごちゃまぜでストーリーが展開し1つの結末を迎える。


そのごちゃまぜ感は

大女優の昔語りに翻弄される2人のインタビューアーである

プロダクション社長(ボケ)と部下のカメラマン(ツッコミ)の

3人の絶妙な対比によって生み出されています。

簡単にいうと3人ともただのアホです。


次はパーフェクトブルー見ます。

しばらく今敏監督にはまろうと思います。


アキハバラ@deep/石田衣良

アキハバラ@deepという石田衣良さんの小説を読みおえた。


内容とか結末への感想を語る気はないです。

この小説で気になったのは、

おたくたち6人が集まって作った零細企業「アキハバラ@DEEP」が
GoogleやYahoo!とはまた違った画期的なサーチエンジン「クルーク」を作る
というシーン。
そのサーチエンジンとは人工知能をもったAI型。

これの能力を簡単に説明すると、

『使用者の興味(検索履歴)をもとに、検索件数や順位がどんどん変化していくもの』

だということなんだろうと。

だから、
職業や専門が異なる人では、ある1つのキーワードに対して
引っかかってくるサイトの件数も順番も異なってくる。
GoogleやYahoo!といった検索フィルターとはまた違う検索結果。

つまり、どんどんと自分風のフィルターへとカスタマイズされていく。
これはおもしろいと思った。

っていうか、今の世の中の技術があればこれはすぐに実現できるやろ

と詳しいこと何もわからんくせに無責任発言。

最近ウェブ進化論とかも読んだばっかりやったし

この辺りの分野には全開ばりばりの素人やけども興味もてた。
小説とは内容がかなり違うがドラマ化されたものが

youtubeで全部見れます

バナナマン日村には笑えた。

石峰寺

そういえば、まんまとLmagazine(エルマガジン)につられて

伏見稲荷大社の南。石峰寺へいった。

20061230232838.jpg

20061230232854.jpg


ここには秋に京都で開かれていた「プライスコレクション展」でおなじみの

伊藤若冲の墓がある。

すっかり若冲ファンになってしまったのでお墓参りに。

ちなみに命日は9.10で石峰寺所蔵の掛け軸が特別に公開される。



中国風の赤門をくぐって山を少し登ったところにある竹林の中には、

若沖が下絵を描き、石工たちに彫らした500体を超える石仏群(五百羅漢像)が

200年たった今でも変わらずに佇む。


なんせ石仏がいっぱいあるから

最初はかなり不気味な感じもしていたが

いろんなキャラがいてるんで、おもろいやつ探して楽んでた。

ウォーリーを探せ的なこととか企画されてたらおもろい。


謹賀新年

20070104004529.jpg


今年の初詣は大阪・住吉大社へ。

0:00を迎えると同時に大歓声がおきた後

皆はバックホームでもするかのように賽銭箱に向かって

お金を投げていました。

箱まで届いてない人は逆に罰当たるんちゃうのとか思った。

ちびっ子諸君は必死に届かなかったお金を拾っていました。

私の願いはちゃんと届いたのでしょうか。

ということで今年もよろしくお願いいたします。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。