S to U blog

MENU

IMPREST

20070404205611.jpg


2007/03/27

ついにIMPRESTが終わった。

学生生活最後の大祭り。

300人くらいはきていたのだろうか。

満員御礼の身動きの取れないWORLDはすさまじかった。

たくさんの人たちに来ていただいてすごく感謝しています。


京都で過ごした6年間。

いい仲間に囲まれていたなと改めて実感しました。


一応、このイベントIMPRESTの

organizerとして参加していた私(santo)ですが、

個人的に少し反省点もありますが、

京都で過ごした学生生活にピリオドを打つには

最高のイベントでした。

関係者の皆さん

きてくれたお客さん

協力してくれたお店の方々

本当にありがとうございました。

MY BEST TEMPLE

円通寺にいった。この1年間で4回目くらい。

相変わらず、レイディオから流れる声は渋過ぎで

比叡山も元気そうだった。


自分と向き合える場所を見つけた気がした。

京都に来てよかった。

何か悩み事をしたり、壁にぶつかった時に来たい場所に決めた。

やたらに足を運ぶのは良くない。

この場所を大切に使いたい。とおもった。



『押忍』
人生には押して忍ばなきゃいけない場面がたくさんあるけど、
一番大切なのは、なにかに後悔しそうになったときなんだ。
後悔をグッと呑み込んで、自分の決めた道を黙々と進む、
それが『押忍』なんだ、
人生なんだ。決断には失敗もあるし、
間違いもある。
悔しいけど、自分のスジを曲げなきゃいけないときだってある。
そういうときも『押忍』の心があれば、
いいんだ。


小さき者へ
(2006/06)
重松 清 / 新潮社
より抜粋。

中心市街地で飲む

20070309181255.jpg


もうすぐ京都から離れる。

そんな直前になって、

木屋町や先斗町周辺で飲む機会が増える。

あんまりこっちの方までこないので

新鮮な事が多く、非日常的な感覚を楽しむ。

酒が人と人をどんどん繋いでいく。



いつも行くのは『アロアロ』や『田』で、

自分たちにとってはもう「家」みたいな感じ

日常になってしまっている。

それはそれですごいことで

こんな「家」みたいなみんなの居場所を

これから何個も何個も見つける事はできないと思うし。

該当の記事は見つかりませんでした。