S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建築memo05】 ノマディック美術館/坂茂

P1010936.jpg


写真家グレゴリー・コルベールの写真と映像が展示されたノマディック美術館へいきました。
移動式、仮説の展覧会場で、今回のお台場が3都市目だそうです。

二週間くらい前にグレゴリー・コルベールの写真集だけ見た時は、 
うそやん
の連発でしたが、美術館で映像を見た時は
すげー
の連発でした。

人間と動物ってあんなに仲良く慣れるやなと。
ムツゴロウさんだけの特殊能力やとおもってました。


P1010916.jpg

P1010925.jpg

ノマディック美術館
設計   坂茂建築設計
所在地  いろんなとこ、今回は東京お台場

MEMO
・暑い
・2.4×6.0メートルのコンテナが152個
・あれ?端っこはそうじゃないんや。
・仮説性の魅力
・6mのシッピングコンテナは毎回現地でレンタル
・屋根やコンテナの隙間を埋めるアルミフレームはリユース部材
・紙管柱などはリサイクル部材
・現地調達、リサイクル、リユースの3本柱
・グレゴリー・コルベール

スポンサーサイト

【建築memo04】 LIM hair clinie/柳原照弘

lim01.jpg

lim02.jpg

lim03.jpg


LIM hair clinie(リムヘアークリニエ)で髪を切ってます。

大阪から東京に進出してきた美容室。

建築やってる人、

ミースを知っている人はちょっとびっくりですが、

LIMとは… Less is More のこと。

この美容室とはなんとなく縁があったので行くことにした。

1つの縁は、知り合いがここの元スタッフであったこと。

もう1つは、以前にdezain.netの岡田さんに招かれて、

この店をデザインした柳原照弘さんと京都で飲む機会があったこと。

そんな中、つい最近の商店建築の雑誌を見てたら掲載されているのを発見し、
これはいかねばならないと、速攻で予約して行ったというわけです。


4つの白い箱で構成された内部空間。

箱と箱の間が薄暗い通路となっていて、

壁の向こう側、すなわち箱の中は通路を歩いていても見えない。

箱の中は、白く明るい空間。

少し異様な雰囲気も兼ね備えていた。

向かいの箱の中で働いている美容師さんの顔がチラリと見える。

でも椅子に座ってしまうともう見えない。

でも、スタッフさん同士は見え続けている。

すなわち、それくらいの高さ(1500mm)の壁で囲むことと、

箱の床を少し(300mm)持ち上げることで

スタッフと客の視線の高低差を利用した仕掛けで空間構成。


なるほどなと思ったのは、

スッタフさん同士はアイコンタクトなんてしなくても

頭が動く方向、動線で今何をしていて

次に何をしてようとしているのかわかってしまうので

使いやすいですよというユーザーの声でした。

P1010864.jpg

LIM hair clinie
設計 柳原照弘
協力 グラフィック WIPE
施工 D3

MEMO
・美容室の設計したいなー
美容室&ブティック

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。