S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建築memo15】白い教会 /青木淳

青木淳 教会01

07/12/15
大阪南港にあるホテル「ハイアット・リージェンシー・大阪」の
結婚式場として建設された小さなチャペル。

ガラス越しに見える、
まるで蛍光灯のような、七夕の紙飾りのようなものの正体は、
4つのリングの組合せによる構造体。

リングといえば、用途的にもエンゲージリングをモチーフにしたのでしょうか。

このリング状の立体格子は、屋根を支えるだけでなく、外装のガラスを支持するMPG構法としても利用されています。

青木淳 教会02


白い教会
所在地 : 大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11 
設計者 : 青木淳

MEMO
・MPG構法
・構造体のデザイン
・JUN AOKI COMPLETE WORKS 3 2005-2014 青木淳完全作品集 第3集



MAP


↓↓↓↓足跡代わりにクリックしてもらえると助かります↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【建築memo14】 クロイゾンスクエア/竹中工務店

クロイゾンスクエアDSCF0006

名古屋クロイゾンスクエア。

この建物の配置計画というか、平面計画が好きで、
大きな通り「動の空間」から、アプローチを抜けて「静の空間」が用意されている。
そして、また大きな通り「動の空間」へと通り抜けすることができるのである。

どういうことかというと、
「大津通り」という大きな道路に面して、コの字型の敷地特徴を活かし、
入り口(アプローチ空間)が北側と南側の2個所に設けられていて、
敷地の奥に店舗が計画されているというわけである。

何を言っているかわからないという方は、
こちらに配置図など詳しく記載されているのでどうぞ。


クロイゾンスクエアDSCF0004

名古屋 クロイゾンスクエア
所在地 愛知県名古屋市中区栄3-27-17
設計者 株式会社竹中工務店

MEMO
・通り抜け建築
・新建築 2003年2月号掲載

MAP


↓応援お願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

【建築memo13】 狭山池博物館/安藤忠雄

狭山池博物館01

狭山池博物館03

狭山池博物館07

狭山池博物08

狭山池博物館
所在地 大阪府大阪狭山市池尻中2
主用途 博物館
竣工時 2001年3月

MAP


↓応援お願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

【建築memo12】東急東横線 渋谷駅(東京メトロ副都心線)/安藤忠雄研究所 東京急行電鉄 日建設計 東急設計コンサルタント

渋谷駅


渋谷をうろちょろして、渋谷の「地中船」も見てきました。

東急東横線 渋谷駅(東京メトロ副都心線)
主用途 地下鉄
所在地 東京都渋谷区 
設計者 安藤忠雄研究所 東京急行電鉄 日建設計 東急設計コンサルタント
施工者 鹿島建設 東急建設 大成建設

MEMO
・地下5階ホームまで吹き抜けている
・卵型といわれれば卵型
・渋谷の地下ダンジョンが強化された
・地下船をイメージしたという「巨大な円形の空間」

【建築memo11】 大阪弁護士会館/日建設計

大阪弁護士会館

07.12.06
アジア地域の開発プロジェクトを対象にしたコンテスト、
MIPIM Asia Award(ミピム・アジア・アワード)で、
日建設計が8部門中、総合優勝を含む4部門を受賞した。


という大阪弁護士会館。

現在オフィスビルうを設計中の自分としては、見に行かずにいられなかったわけです。

オフィスビルなんて、働き出す前は見向きもしませんでしたが、
やってみるとなかなか面白い。

思い起こせば大学2回生の時のオフィス課題で設計した以来で、
その設計した手書きの個人的には割と気合の入った図面は、
2回生前期終了の大掃除とともに行方不明になりました。

大阪弁護士会館02


大阪弁護士会館
設計者 日建設計
所在地 大阪府大阪市北区西天満1丁目1-2
主用途 事務所

MEMO
・新建築 2006年10月号078頁 掲載
・アウトフレームの柱・梁は幅 450mm×高さ 450 mm×奥行き 225mm
・それらは大型陶板で覆われいるもののとても繊細に見える。
・インテリアはアスロックが多用されている。
・吹抜けのアトリウムの透かし煉瓦スクリーン
構造計画が特徴的。詳細はこちらの記事へ

MAP


↓応援お願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。