S to U blog

MENU

DESIGNEST/無印良品

9月19日(土)
レッドブルがF1日本GPに先立って大阪城公園でF1マシンによるデモ走行イベントを開催。
「なんかおもろそうなイベントあんで。」
と、S倉から連絡をもらい、まずは大阪城へ。

14:00~始まる予定やのに、
寝坊するわ&マイミクテトリスしすぎて(記録更新)、
タクシーで駆けつけるも人が多すぎて、
中に入れない。
S倉やO坂田の両氏と合流できない。
散々。タクシーで来るんじゃなかった。

16:30~Nakanoshima Banks[EAST棟]にて行われた
金井政明氏[( 株)良品計画 代表取締役社長] ×Sam Hecht氏 [インダストリアルデザイナー]にて
やっとS倉とO坂田と合流。
しかし満員御礼の混み混み大盛況で、
2時間の立ち見でした。しんどかった。

社長の無印の経営戦略的な話や、
samさんのデザイン思想まで様々にトークされました。

社長は、当初のコンセプト通り、現在も無印はブランドじゃない。
と、最後まで言っていました(と、思います)。
でもDESIGNESTのページの紹介のところでばっちり、
世界に通用するプロダクトを発表し続けている日本を代表するブランド「無印良品」
と書かれていました。
小さな器の私は、『無印』がブランドかノーブランドかが最後までぶちぶち言ってました。

当日、私があまりにもぶちぶち言うてたので、S倉氏から一言。
「まあ、ソレスタルビーイング(ガンダム00参照)みたいなもんやろ。」
うおー。
納得。

その後、
19:00~
京橋まで移動。
目当ては、立ち飲み屋「とよ」
すでに、一度フラれていたので今日こそは、
と意気込んで向かいましたが、
超満員やけど、土曜日やし7時ラストオーダーなんやわ。
と、衝撃の早店じまい。

なんか、充実してたのかよくわからない一日でした。

草間彌生「増殖する部屋」@大阪・南船場のアートスペース 『Six』

草間 (暗)


コム デ ギャルソン@大阪・南船場のアートスペース 『Six』 にて
草間彌生さんの新作インスタレーション「増殖する部屋」を
チャリで見に行きました。

ぱっと見、まるで部屋中にちいさな点光源ライトがしこまれているようですが
蛍光の丸いシールが部屋中に貼り付けて、それをブラックライトが光らせている。
だから、光源が仕込めるはずのない場所も水玉で光ってます。

開催は11月8日(日)まで。

【建築memo50】横倉山自然の森博物館/安藤忠雄建築研究所

高知旅行3日目は越知町立横倉山自然の森博物館へ。

思い出せば、初購入したElcroquisは安藤忠雄のハードカバー。

偶然にも、京都・恵文社一乗寺店にて、
古本でボロボロのElcroquis:44+58 Tadao Ando 1983-2000を発見。

そこには、多くの作品が白黒写真で掲載されていて、
本格的に建築に目覚め始めた大学3回生の頃の出会いでした。

横倉山 01

横倉山 02

横倉山 03

横倉山 04

横倉山 05

横倉山 内部01

横倉山 内部03

横倉山 00

横倉山自然の森博物館
主用途 :博物館
所在地 :高知県高岡郡越知町越知丙737-12
設計者 :安藤忠雄建築研究所
施工者 :西松建設

memo
・大学3回生の時の美術館の課題で大影響を受けた

MAP


【建築memo49】牧野富太郎記念館/内藤廣建築設計事務所

高知旅行2日目は桂浜へ行きました。
坂本竜馬 の銅像を見学し、土佐闘犬が血だらけになって戦うのを見た後、
高知駅と同じ設計者であ内藤廣さん設計の牧野富太郎記念館へ。

牧野01

牧野02

牧野03

牧野04

牧野05

牧野06

これを新建築2000年1月号で、初めて見た時に感動したことを記憶しています。

有機的な屋根形状と中庭が作り出す風景がとても気持ち良い。
中庭に向かって張り出した屋根下が作り出す、半屋外空間が心地よい。

雑誌で見たときは、すかすかの未熟だった植物たちは、
今では、建築を覆い隠さんばかりに育っていた。

上の写真のように、自然と一体化するような佇まいは
学生時代にやったプロジェクトで大きな影響を受けたことも思い出した。

牧野07

訪れた日が、世間的な夏休みの終盤だったこともあり、
夜中には、
展示棟の先端にある、階段広場にて
太陽バンドによる演奏があり
屋台も多く出展されて、大勢の人たちが集まってきて
建築が使いこなされているのも目撃できました。

屋台飯にビールを飲みながら、音楽に浸れた最高の夜でした。

牧野08

牧野富太郎記念館
主用途 :博物館
所在地 :高知県高知市
設計者 :内藤廣建築設計事務所
構  造 :構造設計集団〈SDG〉
施工者 :竹中工務店・香長建設・中勝建設 建設共同企業体

memo
・太陽バンドには、料理家で有名なケンタロウがドラムたたいてた。

MAP

【建築memo48】セブンデイズホテルプラス/(有)橋本設計室

セブンデイズ02

高知城は天気が悪くなってきた上、
城の最上階が改修工事だった為、
展望階にいっても景色も何も見えない状態だったので、
早めのホテルチェックイン。

Brutus特別編集 極楽ホテル案内100「BACK TO THE HOTEL」
でも紹介されている、セブンデイズホテル。

ビジネスホテルだから安い。1人/室  5460円~
安いのに、おしゃれに気が配られている。

セブンデイズ03
サインもかわいらしめ。

夜は、近くの居酒屋『くもん屋』へ。

『くもん屋』のマスターはちょっとコワオモテですが
話してみると、めちゃくちゃいい人で、面白くて、英語ペラペラ風。
奥さんもバリバリの高知弁で面白い。
2人とも大阪が大好きらしく、店内にはなぜかビリケン像が
おいてあるオチャメな店。

もちろん飯はうまい。
高知といえばかつおのたたき。
にんにくにビビッてては高知の食を堪能できません。
お酒の種類は少ないです。

カウンターで3時間以上座って、話して、食べて、飲んで。
高知の裏情報等も教えてもらい、
なぜか、帰りにトマトを2つもらいました。

かなり有名なお店みたいですが、
取材等もほとんどお断りしているらしく、
ネット等でも個人のブログで紹介されている程度です。

もしも再度高知に行く機会があれば、
セブンデイズホテルに泊まって、『くもん屋』で飲むのは間違いないです。

セブンデイズ01

セブンデイズホテルプラス
主用途 :ビジネスホテル
所在地 :高知県高知市はりまや町2-13-6
設計者 :(有)橋本設計室
施工者 :戸田建設株式会社

memo
・別館のEVホールにはLC2等配置。
Brutus特別編集 極楽ホテル案内100「BACK TO THE HOTEL」



MAP

【建築memo47】高知駅/内藤廣建築設計事務所

高知駅02

高知へ行きました。

飛行機で行きましたが、まずは今月の新建築 2009年 09月号 [雑誌]にも載っていた
高知駅を見学しました。入場券買いました。


高知駅01
北口の自由通路。地上から、プラットホームまで全体を県産スギを用いた
木造大架構の屋根が覆う。

高知駅06
足元のキャノピー。スギ板型枠の打ち放し。とことんスギ。
庇は逆梁で、実は結構ごつい梁が屋根裏にある。

高知駅04
大屋根の構成。
主要構造部となるスギ集成材のアーチを鉄骨トラスで補強した混構造。

高知駅07
プラットホームの上のトップライト。
排煙トップライトにもなってる。

高知駅03

いずれにしても、RCに木+黒い鉄骨の組み合わせは
個人的に大好きです。

高知駅
主用途 :駅舎
所在地 :高知県高知市栄田町
設計者 :内藤廣建築設計事務所など
構造   :川口衛建築構造設計事務所
施工者 :鹿島・四国開発建設共同企業体

memo
・アンパンマン
九谷焼窯跡展示館にも行ってみたくなった。



MAP

大阪にて本格始動

douro

8月から大阪に転勤して、はやくも1ヶ月がたちました。

8月は
大阪に引越ししてきて早々にも関わらず、大学メンバーにて
歓迎会@梅田ホルモンをしていただいたり、
研究室の先輩の家関係がお茶屋だという衝撃的な状況のおかげで、
一見さんおことわりの置屋@祇園でお茶屋遊びを初体験したり、
久しぶりに中学の同窓会的なことをやって、カラオケオール@布施したり
東京より大阪の方がめっさ仕事忙しいやんけ。
とバタバタしていました。

そして、9月。やっとネット接続できました。

room1.jpg

新居は、北堀江になりましたので、
近くにお越しの際は連絡ください。


今日は、一級建築士の学科試験発表。

該当の記事は見つかりませんでした。