S to U blog

MENU

瞬間から編集

○瞬間(twitter)→編集(blog)
twitterにて
瞬間的に思ったことや、
行動をつぶやいて(メモって)おいて、
あとで
ブログにて
整理・記憶する
編集する
という流れはありかなと思った。

ということで、
ついったー人達が使う「なんとかなう」について、
まったく知らなかったし、気になったので
ちょっと考えてみた。

○「なんとかなう」
例えば、仕事中とはかかずに、仕事なうとかく。
英語で言うと -ing といったところ。
nowでもなく、ナウでもなく、なう。
ひらがなのかわいらしさ、オタク的な印象がある。

○身体的ネット接続/電脳化の手前
twitterの登場は、
『自分の状態さえもインターネットに流れるコンテンツとして仲間と共有することで、
いままでは不可能だったコミュニケーションが産まれ始めている。』かも。
という解釈を他ブログより抜粋。
なるほど。

おそらくtwitterが登場する前から、一日何回もブログを更新して
しょこたんはブログでつぶやきまくっていたと思う。

また、自分の状態がインターネットとつながりだしてきているという点では
攻殻機動隊が思い出される。

『2nd GIG』に登場する九世英雄はハブ電脳を介しておよそ300万人の難民の指導者となる。
twitterでいうところのフォロー数が、3000000なわけであり、
その人数につぶやきまくって、革命を起こそうとしたと言う事もできる。

携帯電話や情報処理の早さのの進化によって、
身体とネットの接続性が高まってきた。

○昇天なう/俺はもう死んでいる
『もし、俺が死んだとき、インターネットの仲間に向けて
"俺、昇天なう"って投稿できたら、それは、革命なんだ。』
これはすごい。

死んだ直前、直後にメッセ-ジを残す。
遺書。
ということで、世の中には、
心臓とネットをつなぐ
Twitterデバイス 対毛細血管ネット接続インタフェース
「秋月パルス」ということがあることがわかりました。

指先の毛細血管から血流量の変化を検出し、
Twitterに生命活動を投稿する、ハードウェアTwitter。
とのことです。
 
終わり。

・memo
今回の記事について参考

http://d.hatena.ne.jp/RRD/20090727/1248682147

http://d.hatena.ne.jp/gamella/20090727/1248622984

http://koress.jp/2009/06/twitter.html

【建築memo51】日月餅/ISOLATION UNIT

新町最中
11.02.16追記

以前に北堀江に住んでいた頃に、
ちょくちょく買いにいった『日月餅』という和菓子屋。
柳原照弘さんデザイン。


今回は新町最中を購入。
パリッとして旨し。


yanagihara-お菓子

日月餅
主用途 :店舗
所在地 :新町店大阪市西区新町1丁目17-17
設計者 :柳原照弘/ISOLATION UNIT

memo
・和菓子もかなりおいしい。
・今度、親にでも買って帰ろう。

MAP

つぶやきはじめました。/twitter

twitter」というものがあると
ちょくちょくブログやなんかで見かけるようになり、
最初はスルーしていたんですが、
ますます耳にする機会(個人的に)が増えてきて
気になりだして、
かなり遅れ気味ですが、
なんとなく、
ようわからんまま、
はじめちゃいました。

よくわからなくて
他の方のページを覗いていると
どう使っているかは皆さん微妙に違っている?
っていうか自由。

「ブログとリンクさせる」のような使い方をしてもよし
「講演会などの実況中継」のような使い方もありえるし、
「ただたんにぼやく」でもよし
「チャット」のようでもあるし
「掲示板」のようでもある。

超公開型のメッセンジャー?(いわゆるマイミクやアドレスを知らなくても参加できる)
といったところでしょうか。
MIXIでも最近、追加された機能「いまなにしてる?を言ってみよう」と似ています。

「ボケ(ひとりごと、ぼやき)」と「つっこみ(フォロー)」で面白さ100倍の新ツール。


twitterをやっている、建築・デザイン業界関係の人情報
architecturephotonet
http://architecturephoto.net/jp/2009/10/twitter_2.html

twitter増えてきてるよというブログ記事

ぽむ企画
http://pomu.tv/cgibin/nikki/read.cgi

twitterはじめましたよというブログ記事
イロドリイス
http://irodoriisu.exblog.jp/12076021/

青森県庁
http://www.pref.aomori.lg.jp/koho/twitter.html

京都飲み会/5年越しの初対面

10月某日、京都某所、
「今日はお前にゆかりのある人が来るから、暇ならおいでやす。」
と急遽、dezain.net岡田さんより飲み会にお誘いいただき京都へ。

平日ど真中で、仕事終わりでの強行参加だったため会場に21:00ごろ着。
想像していたよりも大勢の方がいて驚きました。

有名人が多くて恐縮。
何度かお会いしている、構造の満田さん建築家+左官職人の森田さん
建築ジャーナル+RAJの山崎さんrad川勝などなど。
毎度の事ながら、ここに自分はいていいのかなとか一瞬考えるが、
楽しいからええやろと終電を逃す覚悟を勝手に決めました。

いや、来る前からできていました。

私の到着と入れ替わるようにTNA武井さんがお帰りになり、あまりお話できなかったのは残念。
今月の新建築10月号『方の家』が掲載されています。

遅れて五十嵐淳さん到着。
今話題の、とびらプロジェクトのメンバーが揃ってきました。

今まで一度もお会いしたことないですが、
ゆかりのある人=五十嵐淳さん
なのです。

5年も前になるでしょうか。
京都6大学卒業制作展にてファイナリストに選ばれるも
インフルエンザで病院にて点滴中で死にかけていたためプレゼンを欠席、辞退。

それにも関わらず、不在の私に賞をくださった神様のような人が五十嵐さんで、
直接お会いできたのは今日がはじめてというわけなのです。

5年越しに卒制についての直接に話を聞けたのでうれしかったです。

その後、
さらに遅れて、DESIGNEASTのイベントを終えたばかりの
dot architects 家成さん到着。

一笑いとって終電でお帰りになりました。
切れ味ありすぎです。

終電を余裕で無視して深夜まで飲んだので
最近、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中のrad川勝氏の家に泊めてもらうことにし、
鍵を預かり先に帰宅。

酔っ払っていたせいか、鍵を閉めて寝てしまい、
本人を閉め出してしまいました(笑)すんません。

翌日は、京都から直接出社でした。
サラリーマンでもこの乗りを忘れたくない。
けど、めっさしんどい。

ホームページ更新?/京都工芸繊維大学設計学専攻

設計学HP-1


母校、京都工芸繊維大学設計学専攻のHPが新しくなっていました。
てか、とっくに新しくなってたのを知らなかっただけかもしりません。

http://aad.kenchiku.kit.ac.jp/?


2005年度から2008年度まで修士設計の模型やCG等が
なぜかランダムに見れます。
すべての人の作品があるのかわかりません。

プレゼンしてる自分の姿が一瞬出てきて驚きました。
名前の漢字が間違っていたので苦情のメールを送信しました。

あらためて見ると
海外ゲストジュリーが強烈。

2005年度 Tod Williams & Billie Tsien
2006年度 Wiel Arets
2007年度 Sean Godsell
2008年度 Dominique Perrault

今年は誰が来るんでしょうか。
関西に戻ってきたことやし、今年は見に行きたいと思います。

関連記事
作品集
DIPLOMA WORKS FOR MASTER’S DEGREE 2007 Kyoto Institute of Technology

D&DEPARTMENT OSAKA/南堀江

D&DEPARTMENT OSAKAへ。
TS3K0040.jpg

ちょうど4Fでフリーマーケットが開催されている時に行きました。

大阪、南堀江にあるビル1棟まるまる全部がD&DEPARTMENT。
古い刷毛屋さんの倉庫を改装したものらしいです。

1、2Fはショップで
3FにはD&DEPARTMENT DININGというカフェレストランがあり
ソファはさすがにカリモクだらけでした。

昼は満員でしたが、
夜は24:00までやっているらしいし
今、住んでいるところから徒歩3分程なので、
たまに、読書やスケッチでもしに行こうかと思うような気持ちの良い場所でした。

該当の記事は見つかりませんでした。