S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の散歩/大阪城

110918 大阪城02

最近、大阪城で朝の散歩を初めました。

ええ、そうです。
デブ解消です。
でも、相変わらず飲み会が多いので痩せる訳が無い。

しかし大阪城は気持ちがいい。
『緑』が多いし
『石』が良い。

内堀1周で約3km
外堀1周で約5kmだそうです。

あと、遠藤秀平さん設計のレストハウスやトイレがあります。

110918 大阪城03


スポンサーサイト

オオサカオクトーバーフェスト2011/天王寺公園

110924 オクトーバーフェスト01

110924 オクトーバーフェスト02

110924 オクトーバーフェスト03

110924 オクトーバーフェスト04


天王寺公園で開催されていたオオサカオクトーバーフェスト2011にいきました。
ドイツとかベルギーのビールが堪能できました。

「ドイツもコイツも乾杯や!!」

と、なんともオオサカらしいキャッチに納得。

たまたま相席したおばちゃんとビールの交換をするなど、

おいしいビールを頂きました。

外付けハードディスク/復旧大作戦物語02

復旧大作戦物語01より続き

後日、解体されたBUFFALOのハードディスクを受け取りに行く前日、
すばらしいアイディアを思いついた。

思い出すこと約2年前・・・・・

大学生の時にずっと使用していたPCがあり、それは既に電源の入らないモノだった。
処分するために自分で解体し、バラバラにして捨てたのだが、
内蔵されていたハードディスクは、そのまま捨てるのは気持ち悪いので
捨てずにとっておいたのだった。

『もしかして、使えんじゃね?学生時代のデータ取り出せんじゃね?』

コレはイケると確信し、データ復旧屋さんに早速持って行く。

私 『こんなんでてきましたけど。』
店員『これは、かなりの確率で取り出せますぜ。データ消去してても、上書きしてなかったら復旧できます。』
私 『一生着いて行きますぜ兄貴。』

約2週間後。

店員『フォルダはかなり救出できましたし、卒業制作とかも出てきましたよ。』
私 『マジですか。内容確認させてください。
店員『でも、やっぱり壊れているデータ多いです。ちなみに、リア•ディゾンの写真とかありましたよ。うふふ笑』
私 『あー、なんか集めてた気がします。笑』

と、店員とのやり取りも軽快にかわし、仲良くなって来た夏の日、
ついにデータ復旧できたかと確認したが、
イラストレーターなどのファイルは壊れやすく、
結論的には、欲しかったデータは一切合切ありませんでした。

何も言えなくて、夏。


外付けハードディスク/復旧大作戦物語01

もう、随分前の話になるが、
PCのデータ量、外付けハードディスク(2台)のデータ量が共にパンパンになってきたので、
梅田のヨドバシカメラで、BUFFALO社の2テラの外付けハードデスクを購入し、
データ整理を始めた。

重複しているデータがいろんな場所に散らばっているので、まずはそれらを整理したいと考え

【購入したNEW外付けに一度全て移動してから重複を消し、その後OLD外付けにバックアップをとる。】

という作戦で、作業開始。

データ量が多いので、一日でやるのはあきらめ、とりあえず全てのデータを1つの外付けに
集約できた時点で、一時作業を中断し、1週間後に作業再会した。

その時、悲劇は起りました。

PC『認識しません。フォーマットしますか?』
私 『え?』

しませんて。。。

と、その後何度かやってみても認識してもらえず。

BUFFALOに勤める友人と連絡をとり、いろいろ質問したところ、
重傷かもしれないとのこと。

学生時代の建築課題とか、作品集のデータとか、レポートとか
数年間の思い出記録を失ってしまうのか。。。。


それから数ヶ月が経過し、ほとんどあきらめてたけど、
やっぱり学生時代に考えてたこととか整理してみたいなと思って、
今年の8月、重い腰を上げ
放置していた外付けハードディスクをどうにかせなあかんと思い、
近所のデータ復旧屋さんに持って行くことにした。

2週間後。

診断結果がでた。
やはり、症状としては重症らしい。
店員『このデータ復旧やろう思ったら15万円でっせ。』

俺の血と汗と涙と課題や思い出達を救出すべきか。


答えは延命措置を選択しました。
しばらく、冷凍保存します。

データ復旧業界の技術力は、現在も猛烈に進化中らしく、
今は15万円かかっても、近い将来に値段が落ちる可能性があるとのことで。

それを信じて待つしかない。

ばったりmemo

IMG_0110.jpg

イベントや講演会に行って知ってる人に会うのは、
twitterで予測可能な出会いとはまた少し違って
予想外の知り合いに「ばったり」会うとうことは楽しく、
日常のスパイスになる。

長い間生きてりゃどっかで、出会ったことある人などと、
結構な確率で、すれ違ったりしているかもしれない。

そもそも「ばったり」が発生しにくいのは

全くお互い気づいてないだけ。
もしくは、どちらかが気づいても声をかけないだけ。
もしくは、自分目が悪いだけ。

ということ、かもしれない。

「記憶と一声とレーシックがあれば、人生もっと楽しくなる!」

ということ、かもしれない。

「ばったり」が人生をもっと楽しする。


以下、バッタリ経験


iPod爆音とともに、普段は使わない道をチャリってたら、
「今、チャリで爆走してたん、お前ちゃうん?」と電話あり。
高校時代バスケ部の友達からでした。
よく気付いたなと、そのまま合流し呑みに行った。


会社近くのATMで金を引き出そうと、ふと隣のATMを見てみる。
「絶対見たことあるわ。」
学生時代、京都6大学卒業設計展で知り合った他大学のやつに似た人がいた。
さりげなく声をかけたら、やはり思った通り。
大正解。
6年ぶりの再会を果たし、
6大学卒業設計展のやつ何人か誘って呑みにいきたいねという約束をした。


最近、京都に行く機会が多い中、
「ぜったいこの声聞いたことあるわ。」
どうやら二週間前くらいに拾ったタクシーと同じタクシーに乗りこんだ様子。
運転手は当然、俺の事なんて覚えていない。同じ運転手かどうかの確信もはない。
「この前も、このタクシーに乗車しましたよね、僕?」
と、悔しいから運ちゃんと会話した内容を全て説明したら思い出してくれた。正解だった。
最後は、運ちゃんの方がテンションあがり、覚えていてるれるなんて嬉しいですと感謝までされた。
気持ち少し早めに精算ボタンを押してくれた気がした。


呑み疲れて、帰りに近所のコンビニに寄った。
東京でスチュワーデスやってるはずの、高校時代の先輩マネージャーと遭遇。
彼女は、高校の同級生の奥さんの姉でもある。
たまたま、有給休暇をとて、知り合いの家に遊びに大阪に帰ってきたらしい。
地元でもなんでもないし、大阪・北堀江に知り合いなんかいるまいと思っていたのか、
まさかスッピンの彼女に、半信半疑で声をかけた次の瞬間、
『えっ!なんで?!油断してたーっ!』
と、コンビニの中心で出会いを叫んでいました。
今度、呑みに行く約束と、将来マンションの設計をお願いされて、コンビニを後にした。


大阪方面のJRへ乗車。
尼崎駅で乗り込んできた2人のサラリーマン。
名前までは忘れてしまったけど、「絶対見たことあんぞ」片方の人。
必死に、思い出の引き出し開けまくり、一生懸命、一生懸命探しました。
見つかりました。とバラ珍級の興奮に
恥ずかしさより、思い出した感動の方がデカ過ぎて、間違っててもええわと、声かけちゃいました。
『10年前くらい、アロアロで店員してましたよね?』と。
よくわかったなーと、JR新快速の5両面が感動と懐かしさの嵐に包まれ、
バックではすごいBGMがなっているような気がしました。


とある権利無しでは入ることのできない、心斎橋の「萬栄」という総合衣料卸商に行った帰りのこと。半信半疑だったが、声かちゃいましたシリーズ@心斎橋。大正解。幼馴染の従兄弟のお兄ちゃんだった。約15年ぶりの「ばったり」再会。そろそろ、自分の記憶力に自信をもってもいいかもしれない。



2009.12.18に同級生の結婚式へ。
高校時代の部活(バスケットボール部)で一緒でした。
とても感動した一日を過ごす事ができました。

もちろん、新郎側の友人として出席させてもらったのだが
ちょっとおもしろいのが、
新婦のお姉ちゃんが、高校の時のバスケ部のマネさんで、
もっとおもしろいのが
新婦のおやじさんは、中学の時のバスケ部の顧問。
恩師です。ばったりするのは分かってたことでしたが、人の縁ってすごい。

8 
東京で知り合いになってわずか半年ばかりのK君が結婚パーティーに誘ってくれたもう3年以上前か。
そのパーティで知り合ったD君が大阪に出張で来るので飲みに行こうということになった。
先に今日は会社をサボったという友達と梅田で飲んでいる所に
D君「会社の後輩のKちゃんつれてきましたよ。」と登場。
俺「はい、絶対見たことある。」
Kちゃん「え?」
俺「あー、どこやろ。東京のときバイトでうちの事務所にきてなかった?T工大ちゃうかったっけ?」
Kちゃん「そうです。。。。あーっ、なんか見たことあります。」
ということで、飲み会が盛り上がったのは言うまでもない。

9
イタリア旅行へ行きました。
ヴェネチアへ訪れた日、ビエンナーレという建築展に行ったその時
「見たことある人おるぞー、てかMさんに似てるなー、Mさんやん!」
ということで、現在、某大学で先生をされているMさんと
イタリアでばったりを果たしてしまいました。

「たまたま休みが取れたので、ヴェネチアビエンナーレに来てん。」
とのことらしく、まさかイタリアで知ってる日本人とばったりするとは
思いもしませんでした。

ベンガルゴム/成長記録04

芽のような物を破り、葉が成長し始めると早い。
一週間でこんなに成長。

110904 ベンガルゴム01
2011.08.09撮影

110904 ベンガルゴム02
2011.08.13撮影

110904 ベンガルゴム03
2011.08.15撮影

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。