S to U blog

MENU

【建築memo91】 島キッチン/安部良

P1070444島キッチン

単管や鉄筋、針金等を駆使し仮設的だが、大胆な大屋根がつくられている。

その上に細かな杉板?パネルを屋根材として使っている。

半屋外で何とも気持ちの良さそうな空間ができていました。

島キッチン
所在地:香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃1061
設計者:安部良

memo
 瀬戸の島旅 小豆島、豊島、直島+22島の歩き方 (単行本・ムック) / ROOTSBOOKS/編著


P1070437島キッチン

P1070491島キッチン

MAP

7年前の勢いはどこへ

先日、会社関係で本社から役員も参加するような
いつもより少し大きな飲み会がありました。

座席はくじ引きにより、あらかじめ決められていて、
円卓を囲んで6人づつ座るような形式。

さながら結婚式のような雰囲気。

そして、こういう時、自分は「もっている」方で
東京から来た役員の隣席を見事に引き当てていました。

とは言っても、緊張するような関係ではなくて、
(本当は緊張しなければならないのかもしれないのですが。)

就職して約2年程東京に勤務していた頃の部長で
近況や懐かしい話がいろいろできて楽しめました。

懐かしい話の流れでに、
「お前、飲み屋ですべらない話 してたよな。あの時、関西人はやっぱりすげーと思ったわ。あんなの関西人は平気なんでしょ?」と言われ、「いや、いや。笑」と返答。

もう7年前の話で、個人的にも衝撃的な体験だったので、このブログにも書いていますが、

久々に自分のブログ記事を読んで20代後半の方が勢いあったなーと改めて思いました。
東京に出ていって2年目。
全力で頑張ってたんでしょう。
「いや、いや。笑」とか返答してる場合じゃない。

30代中盤、再び勢いをつけるべく模索中です。

↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

伊能忠敬の生き方/夢へのカムフラージュ

伊能忠敬に興味が出たのでさらに調べてみました。

「日本地図を最初に作った人」とだけしか認識していませんでしたが
この人すごすぎでした。

てか、凄すぎるから歴史の教科書に載ってるのか。

『地図を作る』のは夢を実現させるための目的だったのではなく、夢に近づくためののカムフラージュだったのでした。

参考:
ウィキペディア(Wikipedia)
伊能忠敬の生涯

まずは経歴のダイジェスト。(かなり搔い摘んで書いてるので間違っているかも)

伊能忠敬
18歳くらい
酒造家伊能家の婿養子となり、
倒産寸前の家業、その後約10年間で立て直し、ぼろ儲け。

36歳
村の名主となる。

38歳
農業不作が続き、米が値上がりすると思って買い占めたら、米は値下がり続け大損。
損切りした方が良いと進められるも売らずにキープという判断をする。

その直後、大洪水によって農業が大損害。

困った地域農民に売らずにキープしていた米をばらまき貧民救済。
(この時、米の値段は高騰しているはず)

あれこれ危機を脱した後、米を売る。
残った米だけでも、ぼろ儲け。

50歳で第二の人生スタート。
幼い頃からの夢だった天文学に向けて走り出す。
弟子入り志願した師匠はなんと約30歳年下。

『いったい地球の直径はどれくらいなのか?』という大きな疑問にトライするため、
「北極星の高さを2つの地点で観測し、見上げる角度を比較したら、地球は球体なので外周が割り出せるのではないか?」という仮説を立てる。

そして、計測する2つの地点は遠ければ遠いほど良いので、一番端っこの蝦夷地(北海道)までいって距離を測りたいと考えた。

しかし、当時は蝦夷地に行くには幕府の許可が必要だったので、“私、蝦夷地の地図作ります。しかもすべて自費でやりまっせ。家業でぼろ儲けしたしなww”的な感じで幕府に申し入れし、認められる。

地図作りは、目標達成のためについた嘘というか手段で言い出した事なのでした。

そして、夢へのカムフラージュから生まれた「地図」のクオリティがあまりに高いため、

「そんなんできるんやったら、日本全国つくってーや」と頼まれ、70歳まで歩き続け歴史に名を刻んだというわけ。

刺激受けました。


伊能忠敬測量隊


↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

もうちょっと論(再)

IMG_0555テニス

最近、仕事が忙しい。

約1年前から始めたテニスには休日出勤と重なり行けない続きで、約3ヶ月ぶりという始末。

テニスのみならず、仕事以外の事に全くチャレンジできていないし、

友人からの誘いも断わる事が増える日々が続いていて

少し消極的になっている自分がいます。


そんな中、過去のブログ記事を整理してみようかと見直してると、

もうちょっと論」という事を20代後半に書いていたのが目に留まりました。

ぼーっとしてたら、毎日が一瞬で過ぎて行くだけ。

「もうちょっと」頑張って、ブログの更新すれば、何か変わりだすのではないか。

そんな期待をしてます。


↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

箕面ビール

IMG_0516箕面ビール

先日、自宅に友人を招き飲み会をしました。

後輩に貰ったビール券があったので、近所のスーパーで箕面ビールを購入。

ヴァイツェン、スタウト、ピルスナーを2本づつ。

宴の後、空き瓶を並べてたら、ブログのタイトルでもあるSTOUの文字を発見。

でも、スタウトよりピルスナーの方が好きです。

ちなみに色々調べていると、「箕面ビールの日」というものがあるようで、

STANDARD BOOK STOREgrafD&DEPARTMENT OSAKAの3社でスタートした箕面ビールの応援企画で

毎月15日あたりの3日間は大阪が誇る箕面ビールを応援しよう!ということだったらしいです。

S to U blog は箕面ビールを応援します。頑張れ大阪。


↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

整理整頓

0308373.jpg


最近、写真の整理を始めました。


数年前に買い直したi macで Time Machine を利用して外付けHDDにバックアップしているのですが、

データ満タンのメッセーが現れ始めたので、これを機に写真を整理しようという事になった訳です。

デジタルカメラを買ったのは大学生の時。

もう10年以上に渡り、撮っては取り込み、撮っては取り込みを続け、

PCの中に蓄積され続けてきた膨大な量の写真たち。

やっと2011年くらいの所まで整理が終わりました。

明らかに不明・不要なものを、ひたすら消して行くという作業がメインですが、

職業柄、建物の写真が多く、撮りためてきた写真を有効利用するにはどうすれば良いのか?

ということを模索しながら残りの数年分も整理を進めようと思うこの頃です。

(写真は2003年8月 学生時代@京都鴨川)


↓応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

該当の記事は見つかりませんでした。