S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京/ギリギリ満タンの町

駅のホームに人が溢れかえっている。
今日も、人身事故か。

一日にどれ程の人間が人身事故にあっているのだろうか。
東京は、電車による人身事故がとてつもなく多い。
人身事故の無い日ってあるんですか、と思うくらい頻発している。

大阪に長く住んでいましたが、こんなにも無かったように記憶している。
電車が遅れたり、止まったりという場面に遭遇した日は、
「今日はほんまについてへんわ。」と思うくらい。
東京にきてからは、「今日もかよ。昨日はスムーズに通勤できたのに。」です。

電車が止まる。
何かのイベントか祭りでもやってんのかなと思うくらいに人が溜まる。
川がせき止められ、洪水が起こったように。
毎朝、毎朝、決まった速度で流れる人が溢れ出します。

何気ない日常(人の流れ)が、すぐに視覚化されます。
この町は、ギリギリ満タンなんだなと気づきます。

雨がふって強い風が吹いただけ、少し日常がずれただけ。
そんな些細な事でも、朝の通勤ラッシュに乱れが生じます。

そんなギリギリ満タンさ。
すぐに溢れてしまう町。
東京。

近年、大地震が東京の町で起こることが予想されていますが、
その時、この町は一体どうなるのか。
と不安考えながら通勤しました。

ストレスたまるわ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/117-ef4ca96b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。