S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御寺 泉涌寺

20061229012439.jpg

P1000132.jpg


またまたついでに御寺泉涌寺。

東福寺から歩いて数十分の場所。東山通りの七条から少し南へ。

仁和寺などとともに皇室ゆかりの寺院として知られている。


大門をくぐった後には、正面に仏殿が見えてくる。

幅広い道。背の高い木と空に囲まれたアプローチ空間。

仏殿は歩みを進めれば進める程に大きく姿をあらわにし

薄暗い空間から、奥の明るい空間へと導かれていく。

薄暗いピロティの先に明るい中庭にアプローチする京都会館を少し思い出す。


印象的なのは、仏殿や舎利殿に対して上ってアプローチするのではなく

軽い坂を下りながらアプローチしていくということが新鮮な感覚だった。


そしてこの寺は皇室の菩提所であるので、奥にはお墓がある。

そうとは知らずに、長い間この場所にとどまっていた。

これ以上前に進むことは許されず、遠くから門を眺めるしかない。

山の景色を背景に月輪陵が境界となって、

踏み込んではいけない手前に見える空間と

想像を喚起させられる奥側の見えない空間がある。

すごく静かで神聖なこの空間にひきつけられていた。



ということで、

ここ数ヶ月の間に、あわてるように駆け巡った京都のお寺や神社等を

凡人の感想または、外部記憶として記録していこかなと思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/13-3d670627
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。