S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建築memo31】 森山邸/西澤立衛

P1030591のコピー

09/01/28

「爆笑問題のニッポンの教養 建築のチカラ」を見ました。

爆笑問題VS西沢立衛の対戦内容や、それぞれの対戦感想などがあります。
http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20090127.html

舞台は森山邸。

半年前くらいに私も生で見学しました。
森山さん本人が所有している部分は内覧もできました。

専用住宅+集合住宅で、敷地の中にボリューム、機能(風呂とか)までもが分散し、
それぞれが庭、または路地のようなものによって分け隔てられています。
塀なども無く、かなりオープンな敷地です。

実際に行ってみて
雑誌等を通してだけ見ているだけでは感じることのできなかった
「森山邸」へたどり着くまでの街並み、雰囲気
「森山邸」のたち現れる瞬間の異様さ、存在感
「森山邸」が成立してしまっている場所の空気感
など、衝撃さが増すことになったことを記憶しています。

番組内でも、
「なぜ、このような建物が成立しちゃってるのか?」
という部分に、一瞬 触れられており、ひどく納得してしまった。笑


「森山さん(施主)が、この場所で、酒屋(か飲み屋か?忘れた)を経営されていて、
近隣住民とはいい関係、コミュニティを築いておられる方だった。」(西沢氏談)
みたいな感じ。

建築は、施主のチカラが欠かせないということに改めてきづきました。
西沢さんの口からは「建築を通して、環境を作る。」みたいな、
「環境」というキーワードがかなり出ていましたが、
この「森山邸」に関しては、
施主が作り上げてきた歴史、環境、関係性があったからこそ、
それそのものが具現化されている
のかなと感じました。

森山邸
主用途 :専用住宅+賃貸住宅
所在地 :東京都
設計者 :西沢立衛建築設計事務所
施行者 :平成建設

memo
•外観・平面図は以下のページ、ブログで見れます。
 新建築
 http://www.japan-architect.co.jp/japanese/2maga/sk/magazine/sk2006/sk02/work/06.html
 中二階から
 http://d.hatena.ne.jp/ida-10/20070303/p2
・やっぱりこの椅子が置いてあります。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/177-4b025379
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。