S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

69/村上龍

69(シクスティナイン)/村上龍を読みました。



実は、そんなに村上龍さんの小説読んだことない。
・限りなく透明に近いブルー
 →大学時代にこの小説と、
  人間失格/太宰治と
  Trainspotting/ダニー・ボイルを立て続けに見て短期間的に引きこもりになった。
・五分後の世界←おもろい
・ヒュウガウイルス
の3つくらいだった気がします。

69はタイトルから連想されるようなエロ小説ではなく
高校をバリ封(1969年ならでは)したり、自分達で企画、運営を行ったフェスティバルを開催したりと
お祭り男な作者の高校時代の自伝的小説らしく
「青春」や「楽しく生きる」ということを思い出させてくれます。

自分の高校時代を思い出しました。
それは高3の記念祭。(大阪高津高校は初日に体育祭、2・3日目に文化祭が実施される)
体育祭の開会式をボイコットしました。
とかけばカッコイイが、ちゃんと許可取ってたので、限りなく演劇に近かった

入場行進に参加せず
開会式終了間際に乱入し登場。
ちょっと待ったーです。
約20名のおむつ姿男子。
その名は「おむつ隊」。

話が長くなるので、今度書きます。

おむつ隊のこと
おむつ姿の男達。
総勢20名くらいだった。

屋上から「おむつは18歳まで」と幕を垂らす。
それから、おむつ隊代表が
(朝礼)台の上に立ち熱く語りはじめる。
私自身は、地上で騒いでおりました。

この高校は「自由と創造」がモットーである
校則等は特に存在せず、
服装も自由で制服なども特に定められていない。
生徒手帳に書いてる唯一の禁止事項は「下駄」。

遅刻が多い。
(髪の毛ピンクの人とかもおる。)

しかし、「自由」の使い方は間違っていないか?
「自由」は責任の伴うことである。
原点に戻って「自由」について、もう一度考えなおそやないか。
原点の姿=おむつ
に戻って、再考しよう。最高!!

そんなメッセージを込めた、かなり熱いイベントをでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/202-0166570b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。