S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行/フィレンツェ2日目 その6

フィレンツェ38

サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場から
ドゥオーモ広場まで抜けるセルヴィ通り。
ドゥオーモがまるで合成若しくは、コラージュされたように
凄いスケール感で飛び込んでくる。

フィレンツェ37

落書きなのか。もしそうなら、
悪戯レベルを超えた装飾ゴミ箱。
ヨーロッパではよく見かける。気がする。

フィレンツェ39

少し日も暮れて来て、夕日がドゥオーモを照らす。
夕日に染まるドゥオーモ。
昼間とはまた違う表情が見れた。

フィレンツェ44

随分と日が落ちてきた。
天気に恵まれて、ほんまに空が美しい。
街の街灯と飛行雲に演出され、美しさを増す。
飛行機雲って雨の知らせだった気が。
そんなの気にしない。

フィレンツェ40

イタリアでよく見かけるアイス。ジェラート。
モリモリのモコモコにディスプレイされる
イロトリドリのこいつら。
日も落ちて、さらに寒くなって来たけど、
買って食う。

フィレンツェ41

軽く飯と酒を楽しんでから外に出れば
すっかり日も落ちていた。
ストロッツィ宮 経由の
ポンテベッキオの夜景を拝みに行く。

フィレンツェ42

ストロッツィ宮の内部には、現代アートのような
展示が行われており、少し見学してから外に出る。
ライトアップされた内廊のアーチは
エロいとしか言いようが無い。

フィレンツェ43

ベッキオ橋に向かう途中、
地面に絵を描く人がいた。
学生時代にフランス行ったときにも
ポンピドゥーセンターの前の広場にこういう人がいた。
写真模写。
どれぐらい時間をかけてるのか分からないけど、
お金は入れなかった。

フィレンツェ45

そして、遠くからのポンテベッキオ。
ライトアップ。
もう、内部の店舗はシャッターが下りてしまっているため、
後の楽しみにとっておく。
興奮冷めあらぬ中、ホテルへ帰る。
少し早いが、疲れ過ぎて爆睡。
長い2日目が終了した。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/294-9ed5745b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。