S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【更新】ヴェネチア・ビエンナーレ 旧造船所アルセナーレ会場

まずは、旧造船所アルセナーレ会場から

ビエンナーレ01

どうやら。会場のケツから来てしまったよう。

ビエンナーレ04

ビエンナーレ02

外部にあるインスタレーション


ビエンナーレ03

特別賞受賞作品
ランドスケープ「? Giardino delle Vergini」/Piet Oudolf


ビエンナーレ00

会場の中へ。


ビエンナーレ11

金獅子賞受賞作
バーレーン王国


ビエンナーレ05

Berger & Berger


ビエンナーレ06-2

ビエンナーレ06



「The Forty Part Motet」/Janet Cardiff
40声を1声ごとに録音。
スピーカーが40個に囲まれる異様な状況。
演奏前は、音程を確認するかのように個別に流れており、
突如として、壮大な演奏が始まる。
演奏が始まった瞬間、鳥肌。
圧巻。
ちょっとだけ動画UP

ビエンナーレ07

「Taichung Metropolitan Opera House」/伊東豊雄
今日一で人多い。
さすが、セジマさんの師匠。
この展示、東京におったとき
オペラシティでやってて見たやつやたぶん。


ビエンナーレ08

「Onement」/Valerio Olgiati
スイス人の建築家による作品。
ヨーロッパ圏ではコンテクストを強く求められるとか。
コンテクストから切り離し
コンセプトから発展させるとのことだが、
それなら、なおさらコンテクストと一緒にプレゼンされてるのも
見たかったなと、率直な感想。


ビエンナーレ09

特別賞受賞作品
「Decay of a Dome」/amaterur Architecture Studio
特にアマチュアではないそうですw
木材とカギ状のジョイントのみ。


ビエンナーレ10

「Your split second house」/Olafur Eloasson
天井から吊り下げられたチューブから、
水が勢い良く流れ、暴れる。
その瞬間を
高速で発光するストロボにより
水の運動を視覚化する。
写真に撮りづらい。


ビエンナーレ12

「Now Interviews」/Hans Ulrich Pbrist


ビエンナーレ13

特別賞受賞作品
「Work-Place」/Studio MumbaiArchitects



ビエンナーレ14

「thebuildingwhichneverdies」/R&Sie(n)


ビエンナーレ15

ビエンナーレ16

「Architecture as air」/石上純也
カーボンファイバーによる「建築」
空間にドローイング
写真にスケッチしたようだ
初日に崩壊する(写真上)も金獅子賞という
伝説の作品


ビエンナーレ18

ビエンナーレ19

ビエンナーレ17

ビエンナーレ20

「Cloudscapes」/トランソーラー社(環境エンジニア)×近藤哲雄
室内に人工的に作られた雲が漂う
その中を、螺旋状のスロープを歩き回り
飛行機に乗らずして
雲の上の体験
CGに描くような光が射していた。


ビエンナーレ21

ビエンナーレ22

「Balancing Act」/Anton Garcia-Abril & Ensamble Studio


ビエンナーレ23

「The Boy Hidden in a Fish」/ Smiljan Radic + Marcela Correa


ビエンナーレ24

終わり。

ビエンナーレ25

酒飲んで休憩。
次ぎは、ジャルディー二会場へ。
しんど。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/310-8dac5691
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。