S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行/ヴェネチア3日目 その2

ヴェニス54

カステルベッキオの滞在時間が
予想以上に長くなり
帰りの電車の時間が迫り
飯をサンドで済ませようとテイクアウトし
タクシーを拾う。
「そんなもん持ってタクシー乗ろうおもとったら大間違いやで。」(イタリア語)
「いやいや、持って入るだけやって。車中でくわへんから。」(日本語)
「無理無理無理。ヴェローナのタクシーそんなん全部無理。」(イタリア語)
「ほんま、わかれへんやつやなー。これぐらいまけてくれや。
 雨ふってんねん。時間内ねん。パーティーいかなあかんねん。」(心の中)

ごっつええ感じ Mr_ BATER(ミスター・ベーター) 傘屋


水も滴る良い男いうてー
という訳で、駅までダッシュ!


そんなこんなで
ヴェローナから帰って来た後、
日が沈んでしまう前に運河を渡り
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会へ。

ヴェニス44

八角形の内部空間。
サンマルコ小広場から運河越し見えていた正体はこれ。

ヴェニス45

その隣は
安藤忠雄氏の手掛けた現代美術館「プンタ・デラ・ドガーナ」

ヴェニス46

内部での写真撮影が禁止やってのは確認もして知ってましたが、
トライしすぎて注意&監視が付きましたw

スカルパのカステルベッキオの改修を見た後なのか、
コンクリートに徹底的にこだわる安藤さんの
美しすぎるコンクリートの打ち放しが、
既存の煉瓦の壁や三角形の木屋根架構等という
古いテクスチャーに対して
「新しくきれいすぎる」と対比が少しキツいと感じた。

ヴェニス47

開口部にはこの鉄網が使用されていたけど
これって、カステルベッキオのおもろいやつちゃうんか?!
イタリアでは既製品になってるんかもしかして。

ヴェニス48

サンマルコ広場に戻って来たらすっかり夜。
雨で地面がぬれ、
水溜まりができ
広場が輝いていた

ヴェニス49

昨日のリベンジと思い、
オステリア・マスカロンに行きましたが、
店は予約の貸し切りっぽく、またもフラれる。
ということで、再びヴェニスの新橋。
本日はハロウィン。
大勢の人が集まり
大音量で音楽が流れ
酒を飲む
クラブイベントのような空間となっていた。

こうして、イタリア旅行最後の夜が終わる。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/319-7d852f41
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。