S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建築memo75】リクルート関西REGO受付応接スペースデザイン/前田茂樹

110911 リクルート01


昨年、イタリアでばったり会った前田さんが手掛けた
リクルート関西REGO受付応接スペースデザインのオープンにお誘い頂いたので、
見に行きました。

赤いタイルカーペットが目立つが、
特徴的なのは立ち並ぶパーティション。
その上にはLEDの間接照明が仕込まれている。
一見すると鏡のようにも見えるし、半透明のようにも見える。

110911-リクルート02

このプロジェクトは大阪で活躍する建築家など
4者によるコンペによるものだったそうで、
詳細は知りませんが、前田さんの案は上の写真の部分に
提案を絞ったそうです。

110911 リクルート03

上の写真は、会議室の内側から撮影したもの。
パーティション下部に見える赤色は、反射して赤色が映り込んでいるのではなく
赤いカーペットが透けて見えている。

このパーティションの正体は、
透明なポリカーボネートのパネルをガラスで挟み込んだもので、透明度の低いパーティション。
なんです。

話によれば、昼間の自然光が差し込んでいる時は、また違った表情になるらしく、
半透明の不思議な素材に仕上がっていました。

110911 リクルート04

また、金物は高級なWESTさんのが使われてました。

リクルート関西REGO受付応接スペース
主要用途 :オフィスビル
設計   :前田茂樹

memo


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/389-ae638142
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。