S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【建築memo93】 浜松市秋野不矩美術館/藤森照信

浜松市秋野不矩美術館IMG_8787

静岡県浜松市にある浜松市秋野不矩美術館

秋野不矩」は「あきのふく」と読み、日本画家の名前です。

この美術館は1998年にオープンし、ご本人は2001年に亡くなられたらしい。

建物は、屋根型の大きな2つのヴォリュームを配置した後に、壁(箱)を挿入したような外観デザイン。

挿入されたボリュームの外壁は大胆な塗り壁とても荒々しく仕上げで印象的。

まるで土壁のように見えるが、

「白セメントに土色を着けて、藁を入れて荒く塗り、わざと表面に藁が見えるように仕上げている」

というのが種明かしらしい。

また、内部の壁も、藁入り漆喰塗り仕上げと印象的だった。

浜松市秋野不矩美術館P1190776


内外壁の風合いや木の柱梁のむき出し感が

50代からインドに魅せられ、インドの材料を使った新しい境地を開拓するという作家の世界観と

よくマッチしているように感じた。

浜松市秋野不矩美術館P1190828

浜松市秋野不矩美術館
設計者:藤森照信
所在地:静岡県浜松市二俣町二俣130

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/472-b4888e5e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。