S to U blog

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良 大仏

薬師寺の次は大仏を見に東大寺
20070910001341.jpg

20070910001359.jpg

華厳宗大本山 東大寺 大仏殿
所在地:〒630-8587 奈良市雑司町406-1

memo
・世界最大の木造建築物
        大仏殿  正面幅 57.5m 
             奥行き 50.5m 
             高さ  57m  らしい。
・柱の穴は、大仏の鼻の穴。っていうくらい大仏もでかい。
・世界陸上の影響からか外人が三割り増し。
・約1200頭に上る鹿が放し飼い
・鹿のうん○は避けては通れない

20070910001412.jpg


すごく小さい時に行った記憶がる。
大仏殿にある柱の穴は大仏の鼻の穴と同じ大きさで、
小さい頃に通り抜けれた穴もすごく小さく見えた。
大仏殿は逆に大きく見えた。
京都で幾つかの寺を回ったけどこんなでかい寺がなかったからなんやろう。

しかし、なんでこんなに奈良には普通に鹿がおるんやと
素朴な疑問が浮上し、Wikideaへ。

要するに公園に鹿が放し飼いされているのは、
・鹿は春日大社の神使。神格化し、手厚く保護される。
・殺めると厳しい刑罰を受けなければならない。
・「奈良のシカ」は国の天然記念物
こんな理由で奈良は鹿と供に暮らしているらしいのだが、
近世~戦時の間は食糧確保のため狩られ、食われてたらしい。
どっちやねん。
意味わかんねえ(笑)

奈良では約1200頭に上る鹿が放し飼いされてて、
「奈良の鹿愛護会」調べ(2006年)では、
全1248頭(前年比82頭増)、内オス232頭、メス797頭、小鹿219頭である。
把握できてるのがすげえ。

彼らは観光客に愛嬌を振りまき、首を縦に振って鹿せんべいをねだる。
誰が教えたんだか。と謎は深まる一方であったが、
最近、「奈良の鹿愛護会」が貧乏らしく
観光客に鹿せんべいの購入を積極的に勧める対策をとったらしいので、
鹿に一芸を覚えさせたんだなと勝手に納得。
「奈良の鹿愛護会」恐るべし。

9月ごろから11月下旬ごろまでは、鹿の発情期らしいので
危ないので気をつけてください。

-2 Comments

naho says...""
奈良行くと、鹿だからこそ上手く共存できてるんだろうなぁって思う。
1、凶暴でない。
2、○んこがそれほど臭くない。
3、○んこがあまりべちゃっとしてなく、ころころしているから、踏んで靴と同化してしまうという被害は少ない。
4、のろのろと歩くので、車もなんとなく避けれる。(信号も渡れる。)
5、食い散らかさない。
とかとか。あまり他の動物だとあんな大量に放し飼いできない気がする。

奈良で使えるカードの名前、奈良で見た?東京の切符代わりはSUICAやん。関西はICOKAやん。行くとかすいすいとか改札機通る時の行動を意識した言葉やん。奈良交通とか奈良で使えるカードはCI-CA(しーか)やねんで。奈良県民の鹿を愛する心と、度胸強さに感服です。
2007.09.11 01:00 | URL | #- [edit]
s to U says...""
>nahoちゃん
う○この項目が2つもあって面白いです。
他の県も奈良みたいになんかめっちゃ飼ったらおもろいやろなと思ってたら、鹿ならでわだったんやな。(駄洒落じゃないで)

CI-CA(しーか)見てへん!!
そんなんあるんや 笑

2007.09.13 23:31 | URL | #JalddpaA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://stoublog.blog76.fc2.com/tb.php/75-c8ae721f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。